信託財産留保額とは

| 未分類 |

信託財産留保額はファンドの解約に掛かる手数料を指します。
販売手数料や信託報酬と比べると、その金額は小さいのですが、共同出資という意味合いもあるファンドの運用では不公平感をなくため、この手数料をとっています。
この金額はファンドそのものから出るものではなく、投資家から徴収され、ファンドの資産に組み込まれます。
ファンドの運用では財産の受託会社で管理され、解約料もこのお金から出るものと考えることができます。
しかし、ファンドは投資家の資金を元に債券や株式などに替えて運用しています。
つまり、資金を通じて組み込まれた債券や株式を換金して、解約する契約者に還す必要があります。
そこには手間も掛かり、ファンドの資産は投資家共通の財産であるため、手数料を貸すのです。
ファンドの中には解約する手数料をとらないものがありますが、これにも一定のルールがあります。
期間内に解約すると手数料が掛かるものや期間に関わらず発生するものなどファンドによって対応は様々なので、購入の際には注意が必要です。
解約に手数料が掛かるのはファンドの安定性を保つ点もあります。
自由に換金できるシステムでは長期で安定した運用は困難となります。
一定額の手数料を取ることで、長期保有とリターンの安定確保を図っています。