アベノミクスによる株高を背景に投資を検討されている方も多いことかと思います。 また、NISA口座がスタートしていることも大きな後押しとなっていることでしょう。

投資と言っても様々な方法があります。 株式投資、FX投資、債券投資、定期預金、先物取引そして投資信託もその一つです。

では一体どのような商品があるのか説明致します。 大きく分けて2つの種類があります。

一つはアクティブファンドと言われるものです。 アクティブファンドとは市場の中から市場平均よりも高いリターンを得られる可能性が高いと 判断された株式を組み入れたものです。 アクティブファンドを形成するにあたって、責任者であるファンドマネジャーは研究と分析を 重ねることで銘柄を選びます。 従ってアクティブファンドを購入する際には、1~3%程度の販売手数料と年間1~2程度の 信託報酬を支払う必要があります。

二つ目はインデックスファンドと言われるものです。 インデックスファンドは日経平均株価等の指数とほとんど同じ水準で推移するものです。 こちらは銘柄選びの手間はかからないので販売手数料がかからないものが多く、 信託報酬も低いことが多いです。

投資するスタイルによって選ぶファンドの種類は様々でしょうが、アクティブファンドの 手数料は信託報酬に見合うファンドを選ぶかインデックスファンドを選んだほうが賢明と言えるでしょう。