MRF

| 未分類 |

MRFとは、Money Reserved Fundの略で、債券に対する投資信託の一種だと言えるでしょう。一時的に資産を保有するための用いられるものとしても用いられます。
例えば、証券会社に口座を開設して資金を預けた場合、全額を株式などに投資しない場合もあります。この場合には、余った資金は証券口座に残ったままになるのですが、多くの証券会社ではこれを自動的に運用に回します。このためのものだと考えれば良いでしょう。
ですから、運用に充てなかった資金については、わざわざ何かに投資をしなくても債券に投資されているのです。これを便利だと感じるのかどうかと言うのは人によって異なっています。証券会社によってはこれを拒否することができる場合もあります。つまり、通常の預金と同じように保有することができる場合もあります。
債券を組み入れているわけですからデフォルトして元本割れすることもありますが、この可能性を抑えるために高格付け公社債が選ばれていますから、デフォルトリスクは非常に低いと言えるでしょう。格付けが高ければ利回りが低いというのは当然のことだと言えるでしょう。ですから、積極的に資産を増やすと言うよりは、現金の代わりだと考えておくのが良いでしょう。