MMF

| 未分類 |

株式投資には様々な手段がありますがその中でMMF(Money Management Fund)は投資信託の一つであり、株式を運用時に組み入れるという事はせずに、最もリスクの低いと言われる国債や社債に代表される元金や利息が支払われる事が確定している債権を中心にして運用されます。

公社債投資信託は基本的には他の株式や投資信託と同じで元本割れをする可能性はゼロではありませんが事実上、元本割れをしたケースは非常にレアであり安全性は高いといえるかも知れません。

また毎日決算が実施され、そして日々に得られた分配金を1ヶ月単位で纏めて税金分を差し引きます。

そして、採集営業日には再び得られたお金を再投資に使用されること、そして債権等が運用の中心に据えられていますので、極めてリスクが低く収益も低いとので安全志向型の人には最適です。

Money Management Fundには、所得税が15パーセント・住民税が5パーセント・復興特別所得税が0.315パーセントが掛かるので計20.315パーセントが分配金に課税されますので、源泉分離課税で支払わなくても良いので面倒な作業が一つ減ります。

つまりこの分配金に対して、新たに確定申告をしなくても良いのです。

また最大のメリットは、為替佐伯に関してはMoney Management Fundは税金がかからないといったメリットは忘れてはなりません。