専門家が投資家の代わりに資産運用を行なってくれる金融商品に投資信託と呼ばれるものがあります。投資信託を始めるにあたっては他の金融商品のようにまとまった資金が必要なく、少額から始めることが可能なのでまだ本格的な投資をしたことのない人でも安心して投資を行うことができるという点がメリットです。
投資信託には、株式投資信託と呼ばれるものと公社債投信と呼ばれるものの二種類があります。前者の場合、国債や社債などの債券に加えて、必要に応じて株式を組み入れられるという点が特徴となっています。株式を組み入れた場合、株式の相場によっては大きな利益を上げることも期待できますが、逆に大きく損をしてしまうケースもあります。その点では比較的リスクの高い金融商品の部類に入るといえます
後者の場合、株式を組み入れることがないため大きな利益を期待できませんが、国債や社債によって運用されているため、あらかじめ利払いが確定しているため、きわめて安定的かつ安全に運用が可能です。そのため、公社債投資信託という金融商品はリスクが低く、銀行の預貯金よりも高利回りな資産運用法という位置づけとなります。
ただし、短期間での解約などは元本割れしてしまうこともあるので、中長期での運用を心掛ける必要があります。