クローズド期間とは

| 未分類 |

クローズド期間とは投資信託において、投資家が投資信託委託会社に対して直接解約を請求する、解約請求が認められない期間の事を言います。つまり、信託契約そのものを解除する事が出来ない期間の事をいいます。
これは販売会社の運用資金の減少を防ぎ、運用の安定化を図るために設けられていますが、全てのファンドに設けられている訳ではなく、ファンドによっては半年〜1年位の期間が設けられているものもありますし、期間が設けられていないファンドも数多くあります。
またこの期間には例外として受益者が死亡した時、天変地異、その他不可抗力による財産の大部分を減失した時、疾病により生計の維持が困難になった時、破産宣告を受けた時、その他これらに準ずる理由がある場合は取扱い販売会社に受益証券を買い取ってもらえます。この例外は投資家にあらかじめ交付される目論見書に記載されています。
その場合は投資家が販売会社に対して投資信託の受益証券を買い取ってもらう買取請求で換金してもらえます。
この買取請求は信託契約そのものは解除されず、信託財産そのものは直接的に減少しませんので、受益証券を買い取った販売会社はその受益証券を他の投資家に転売するか、投資信託委託会社に解約請求する事になります。