???? Vol.68 ?????????
投資信託を選ぶ際にポイントとなるのは目的です。
何のための投資するのか、目的志向を明確に持つことで投資対象や運用期間もみえてきます。
また、どれぐらいのリスクに耐えられるかもみる必要があります。
ファンドの運用では元本割れになるケースもあります。
時には解約して撤退することも大切なのです。
資産運用の基本法則に損小利大という言葉があります。
つまり、損失は小さいうちに摘み取り、利益を大きく育てるというのが運用の基本スタイルです。
自分に合ったファンド選びでは利益が出るのも大切な視点ですが、自分が好みのテーマを選択することもポイントになります。
それは自分の好きなもの、テーマであれば長く続けることができるからです。
ファンドは投資方針に加えて、株式運用ひとつとっても、一つのテーマがあります。
成長企業に投資するもの、あるいは環境に積極的な企業に投資するものなど、このテーマ・方針を支持したい、応援したいファンドを選ぶことも選択ポイントです。
投資期間によっても、資産の配分yファンド選びが異なってきます。
多少のリスクの変動はあっても長期で利益をとるのか、それとも安定志向で短期に利益を確保するのか、投資できる期間も考慮して運用することも大事です。
???? Vol.68 ?????????